新しく発見された物質|胎児の成長に必要な亜鉛は女性ホルモンの分泌に効果を発揮する

胎児の成長に必要な亜鉛は女性ホルモンの分泌に効果を発揮する

婦人

新しく発見された物質

頭を触る婦人

エクオールは近年になって発見された新しい物質です。我々日本人にとって馴染み深い大豆に多く含まれています。大豆イソフラボンは、グリシテイン、ダイゼイン、そしてゲニステインですが、その中のゲニステインだけが腸内細菌の分解によってエクオールに変化すると言われています。発見されて間もない物質なので、現在に至るまで解明されていない部分も多いエクオールですが、その有益な効能によって新たな健康促進物質として注目され始めています。エクオールには活性酸素に対して強い抵抗力を持つ抗酸化力を多分に含んでおり、美容効果は勿論の事、人体に有益な様々な恩恵を受ける事ができます。特に更年期障害に強い効果を発揮すると言われています。

エクオールは女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きを持っています。更年期障害の改善以外の効果としては、美容やダイエット効果、便秘改善、乳がんの予防および抑制、薄毛の改善などがあります。また骨粗しょう症の予防効果があると言われています。実際の統計として、大豆を多く摂取する日本人は欧米系の人種と比べて、骨粗しょう症の発症率が低いです。同じように更年期障害の程度も日本人女性は比較的低く、その事を注目した海外メディアの論評も存在します。但し、理想摂取量のエクオールを補給しようとすると一日あたり味噌汁十杯という、とんでもない量の大豆を食べなくてはいけません。その為、最近では効率的にエクオールを摂取できるよう、様々なサプリメントが発売されています。